Interview

「自分が会社を作っている。」
そう思える場所

営業事務

INTRODUCTION

「こうすればもっと良くなるのではないか」と意見を挙げるとアイデアをすぐ取り入れてくれるスピード感と、「皆で一緒にいい会社にしていこう!」という社風は、クオンテックスの大きな魅力。

Interview01

クオンテックスに
入社を決めた理由は?

IT業界どころか事務職も未経験だったので最初は不安でいっぱいでした。
でも、いざ面接に来てみると、とてもフランクに会社の魅力を伝えてくださり、後半は談笑するくらいでいつのまにか不安も無くなっていました。社内の雰囲気がとても良い会社なんだなと感じ、離職率が低いということも納得できました。
20代も後半になっていましたので、これからは腰を据えて長く働いて行きたいと思っていたところ、お話する中でそれができる会社だと確信し、入社を決めました。

Interview02

今はどういった
仕事をしていますか?

総務として庶務業務はもちろん、エンジニアの皆さんを始め社員の皆さんの労務管理や給与管理など、今では幅広く様々なことを任せていただいてます。
私の場合直接的にITと関連する仕事ではありませんが、社員の皆さんの環境の変化や、意見や要望があったり、また法改正などがあった場合などでも日々目まぐるしくやるべき業務や優先順位が変わります。
そういった部分も含め、大変ながらおもしろい仕事だなと感じてますね。

Interview03

入社後に感じた
会社の魅力とは?

入社当時は事務員が私一人でしたし、まだまだ新しい会社ということもあり、自分で調べたり考えたり決定したり…という作業がとても多いように感じました。
しかしその反面、上司や社長でもなんでも話せるくらい距離感が近く、どんな時でも親身に相談に乗って、サポートしてくれます。
「こうすればもっと良くなるのではないか」という意見を挙げると、すぐに取り入れていただけるような、「皆で一緒にいい会社にしていこう!」という社風が魅力の会社だと感じていますね。
自分の意見が通り、じゃあこれはこうしていこう!となった時にはすごくやりがいを感じますし、常により良くするには、ということをみんなで考えて相談し合える会社はなかなか無いと思います。
当時より人数も倍以上に増えましたが、その社風は今でも変わらず、業務の垣根を越えて皆で意見を出し合い助け合いながら日々仕事に取り組んでいます。これからまだまだ成長していく会社だと思っておりますので、一緒に会社と共に成長していける仲間が増えていくことを期待しています。

MOVIE

インタビュームービー

インタビュームービー
PLAY

ページトップへ